Tシャツもスウェットも、2016年の秋服では、刺繍入りがトレンド

 

2016年の秋服では、Tシャツもスウェットも刺繍入りがトレンドです。定番アイテムが、旬顔になって各ブランドから登場しています。ブームのスカジャンやレトロっぽい服の人気は継続中で、この秋からは刺しゅうアイテムが主役です。ガーリーやエッジィなテイストまで、刺しゅうのワンポイントで新鮮な秋ファッションが楽しめます。

 

コーデに取り入れやすい刺しゅうのTシャツ

コーデに取り入れるなら、まずは夏のヘビロテアイテムのTシャツからチャレンジ。まだ暑さが残る秋のはじまり頃は、カジュアルに着られるTシャツが活躍します。刺しゅう入りのTシャツに、コーディロイのボトムで秋っぽいオシャレを先取りします。
Tシャツにレザーのタイトミニを合わせて、ファーベストを重ねて、季節感のあるトレンドスタイルになります。

 

古着っぽいレトロなスウエットトップス

WEGO(ウィゴー)の小花柄刺しゅうスウェットは、夏の終わりから着られる半袖のスウェットです。生地全体に小花の刺しゅうがちりばめられていて、レトロな雰囲気で秋顔を演出します。デニムスカートを合わせて、ヴィンテージ感をプラスするとより新鮮です。

 

今すぐ着たい刺しゅうのノースリトップス

刺しゅうタンクなら、今すぐ着られるアイテムです。本格的な秋にはカーディガンやスカジャンを羽織って、コーディネートします。EGOIST(エゴイスト)の刺繍トップスはベージュの生地に、同色の花柄や黒の花を刺繍してあり、一枚で主役級のインパクトがあります。デニムスカートを合わせたワンツーコーデも、抜け感のあるスタイルになります。