ワイドパンツの秋コーデなら、ブラウン系をメインに組み立てる

 

見慣れたパンツも茶系を中心にした、こっくりとしたカラーにすると、おしゃれ偏差値が一気に上昇します。今年のワイドパンツの秋コーデは、ブラウン系をメインに組み立てる
のが鉄則です。
どんなテイストのトップスにも合う、こなれて見えるワイドパンツを紹介します。

 

 

Mila Owen(ミラオーウェン)のボルドーブラウンのワイドパンツは、共布のベルト付きでスタイルアップできるボトムです。ホワイトのVネックノースリニットトップスと合わせて、シンプルコーデが映えるワイドパンツです。ありそうでない深みのある赤茶が、コーデに差をつけます。

 

 

MURUA(ムルーア)からでているジンジャーオレンジっぽい茶系のパンツは、裾に切り込みがはいっていて、シルエットのきれいなワイドパンツです。秋冬にマストな黒との相性が抜群で、黒Tシャツに黒のバンダナをヘアに巻くスタイルがモードに仕上がります。

 

 

こっくりカラーのオリーブも秋の定番カラーです。ロイヤルパーティー(ROYAL PARTY)のオリーブパンツは、ベルトリボン付きで、フリルブラウスがよく似合います。甘めなトップスもこなれて見えるワイドパンツです。足元にレオパード柄の靴を選んで、トレンドをさりげなくアピールします。

 

 

EVRIS(エヴリス)のブラウンワイドパンツは、サイトライン入りで縦ラインが、脚を長く見せます。同色のノースリニットで、ワントーンにまとめるとモード感が増します。
合わせる靴は甲が深いシューティーで、キレイめな足元にします。